読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立て直せ、人生。

人生行き当たりばったりなアラサーが、無事にアラフィフになれるように頑張らないブログ

車のにおいが気になったらクエン酸を買え

スポンサーリンク

2年前、車を買った。中古車の、7年落ち。10万キロを超えている車であったが、まめにメンテナンスはされていた。

しかし、困るのがにおい。納車時、車に乗り込むと何とも言えない、すえた皮脂のようなにおいがした。前オーナーの加齢臭だ。

結論から言うと、こういう場合にはクエン酸が効く。車が臭くなったらクエン酸を買え。
いきなりファブリーズなどを使ってはいけない。

使い方

スーパーでも薬局でも、クエン酸は安く売っている。こいつを水に溶かして吹くだけ。

niwaQ 除菌もできるクエン酸 300g

使い方はかんたん。100均あたりで売っているスプレーボトルに入れて、飽和水溶液になるくらいまで溶かすだけだ。あとはシュッシュして使うだけ。

車のにおい取り、まずは掃除を徹底的に

ぼくの場合は、相当ににおいがキツかった。なので、まずは車のマットを全て出し、ホースで水をぶっかけ、食器用の中性洗剤をぶっかけた。
そして、泡立ちがなくなるまで水で洗い流し、干す。

次に、車内清掃から入った。においのもとが、車内に残っていたら意味がないからだ。
延長ケーブルで車内に掃除機を引き込み、ゴミを吸い取った。そして、絨毯掃除用のコロコロで、細かいゴミを取った。大なり小なり、髪の毛だの何だのが取れる。

布を徹底的に

車内清掃がおわったら、いよいよクエン酸の出番。
座席にはシュッシュと思い切って吹きかけ、タオルで押し出すように水分を取った。

場所は、天井からマット下まで布部分すべて。また、ダッシュボードなどの布以外の部分も拭き取った。
結構な重労働であるが、効果はてきめんだった。

さいごに

さいごに、ファブリーズなり芳香剤をつかい、仕上げをする。

これが案外重要で、芳香剤やファブリーズってにおいごまかすだけの部分が多く、くさい車の夏とかは、いいにおいと臭い匂いが混ざって地獄となる。だから、先に消臭作業をこなしてからの方が、無難なのだ。

ぼくは、これでエアコン以外のにおいが気にならなくなったし、いいにおいだね、と言われるようになった。
車の臭さで悩んでいる人は、是非試してもらいたい。