読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立て直せ、人生。

人生行き当たりばったりなアラサーが、無事にアラフィフになれるように頑張らないブログ

「アフィリエイトとブログで稼ぐ」はかない夢と現実は。

スポンサーリンク

人に対して、単価と工数という考え方がある。プログラムを作ったり、システム構築したりする業種独特の言葉だ。

ぼくはこの言葉が嫌いだ。けれど、おおよそ目安にはなる。

さて、近頃話題のブログ飯だのアフィリエイトだのという話がある。ぼくも、むかし「ブログ書いてる」という話をしたら、「え、アフィリエイトで食っていくの?」と聞かれたことがあり、「そんなわけないだろ」と返したことがある。

けれど世の中、なにか真面目に「アフィリエイトで食っていく」ことに幻想を抱いている人が想像以上に多い気がした。

だから、ほんの少しだけ簡単に、算数をしてみたいと思う。

いくら稼ぐの?

ブログ一本で稼いでいくことを考えてみる。 たとえば、以下の調べによると、30代サラリーマンの年収中央値は420万ほどだという。

doda.jp

この情報を正しいとすると、 ボーナス無しで額面月35万円 。これを稼がなければならない。

ページビューあたりに換算してみる

月35万円を稼ぐには、どの程度PVが必要なのだろうか。 イケダハヤト氏が言うには、月50万PVで20〜25万円程度、月100万PVで50〜75万円程度だという。

つまり、サラリーマン時代と同じ程度稼ぐためには月50〜100万PVが必要ということだ。

あれ、案外少ない……?

サラリーマンは月100万?

よくフリーランスは月3倍稼げと言われる。それは、サラリーマンの場合、会社負担の社会保障費やオフィスなどの費用は会社負担だからだ。

フリーランス3倍理論を是だとすると、先ほどの年収35万円の3倍、おおよそ月100万円を稼ぎ出さなければならない。つまり、さっきのイケハヤ氏の指標からすると月150万から250万PV。

現代の人身売買単価

ぎょっとするようなタイトルで書いたけれども、月100万円というのは、現代のサラリーマンおひとりさまの単価としては、あながち的外れではない。

少々スキルのあるエンジニアを借り受けるとすると、ざっくり粗見積もりでは一人一月100万円で計算される*1。これを一人月単価と呼ぶ。

会社対会社での単価であるので、フリーランスと比較するのはやや卑怯かもしれないけれど、人件費ってたけえなあ、ぼくらの人生って価値があるんだなあって思ってもらえればよいと思う。

ブログの執筆文字数から考える

もう少しだけ屁理屈を捏ねてみたいと思う。

1ブログの記事の執筆の文字数と時間って、どのくらいだろうか。無論人とエントリによるとは思うけれど、1エントリ1000文字、30分〜1時間ってところだろうか。

じゃあ、この記事で幾ら稼げばいいんだろう?

一時期話題になった、下のライターの言葉を纏めると、 1000文字で5000円 が「お、ちょっと良い単価だね」というところか。たとえば、 商業出版の技術系雑誌だと一ページ図版無し 1500文字前後で単価9000円から1万円くらいが相場感*2

togetter.com

無論、ブログは、編集部とやりあってリライトしたりする作業がないため、もっと効率良く書くことができる。

ただ、字数単価を1/5の1000円としても、

  • 1エントリあたり1000文字
  • 100エントリ

と仮定して、10万円稼ぐのにどれだけかかるだろうか。前述のイケハヤ指標だと20万PV〜30万PVだ。

さいごに

無論、このエントリは、仮定の上に仮定を重ねた不安定な内容だ。趣味で書いていて、たまたまお小遣い稼ぎになるっていうのならば、こんな話は余計なお世話だ。

「気楽な稼業」だったかも知れないサラリーマンでも、いつ会社がなくなるか分からない時代だ。投資の用語でも「卵は一つのカゴに盛るな」とある。収入の分散を考えるのは大切だ。

それでも、ぼくはやっぱり言いたいのは、ブログにしろ何にしろ、副業をやるときにもある程度冷静に考えて行動をとって欲しいなあということだ。サラリーマンの160時間の稼働*3は、100万円で売れる。

ぼくたちの時間はそれだけの価値がある。誰かの食い物にされることなく、有意義に使えるようにしていきたい。「敵は恐るるに足らず。甘言を弄する友を恐れよ」*4。世は常に戦争なのだ。

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

*1:もちろん、これは上から下まである。一人月50万円として人を貸し出している会社もあれば、250万円のハイスキル人材も居ると聞く

*2:ソースは無し。経験単価とか周りのお話とか

*3:1人月は20日稼働日があり、一日は8時間として計算される。何とも機械的で酷い計算式だろう

*4:オブレゴン将軍の言葉とされる。メキシコの将軍で、大統領も務めた