読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立て直せ、人生。

人生行き当たりばったりなアラサーが、無事にアラフィフになれるように頑張らないブログ

もう許して、って呻いた「ずっと前から好きでした。」感想・レビュー

スポンサーリンク

こんなに枕が欲しくなった映画は初めてだ。こんなに、枕に顔を埋めてジタバタしたくなる作品は初めてだ。上映中、変な声が出てしまうのを抑えるのに必死だった。

「ずっと前から好きでした。」は、幼馴染の瀬戸口優に片思いを続ける、榎本夏樹を中心に据えた、群像劇的作品だ。

映画の冒頭から、夏樹が優に告白するシーンで始まる。しかし、照れ隠しに夏樹は優に「告白の練習だから!」と誤魔化してしまう。それを、真に受けてしまった優。

居心地の良い幼馴染という関係に甘えてしまう夏樹。夏樹も優も、自分自身の気持ちに素直になれず、顔を覆いたくなるような、端からみれば好き合ってる2人が、どのような結末を迎えるか?が描かれる。 そして、彼らの周りの人間たちも年頃だ。それぞれの想いを抱き、行動を起こす。

先生は言う。
「青春ってのは、巻き戻しも編集もできないんだよ」
巻き戻せないから、編集できないから、皆後悔のないように必死になる。ぼくは、気づくとすべてのキャラクターを、応援していた。

群像劇的ストーリー

物語そのものは、ベタにベタを重ねたベッタベタの作品だ。けれど、それが積み重なれば特徴にもなる。

この作品は、群像劇だ。ストーリーの中心として、夏樹と優が据えられているが、実際に出てくるキャラクターはそれぞれに思いを抱く。他人を想う人を好きになってしまう人。誰かを好きになるという感情をまだ知らない人。片思いに逃げている人。

それぞれは、交友関係で、クラスメイトとして繋がる。それは、歯車が噛み合うようなものではなく、実際の高校生たちの交友関係をなぞるように、緩やかな繋がりだ。

その関係性の中、それぞれがお互いに影響を与え、影響を受け、行動を起こす。その一連の流れと決意は、どのキャラクターに対しても応援したくなる。

それぞれのキャラクターの魅力

素晴らしいことに、この作品のキャラクターはどれも魅力的だ。少なくとも、ぼくにとって嫌悪感を覚えるキャラクター、敵、みたいなのはいなかった。

たとえ、恋敵だとしても。それぞれに想いがあり、考えがあり、起きた物事を消化して前に進む。人生は一人一人が主人公なのだ。敵なんていうのはいない。

キャラクターは、全員かわいい。女の子は勿論、男の子も、男であるぼくが見ても魅力的であると思える*1。観客は、それぞれのキャラクターの本音を知ることができるが、だからこそ、その行動に対していかほどの覚悟があったのか?を感じることができる。

自分のことが、一番わからない

この作品を見ていて、やはり感じるのは、自分のことは自分が一番わからないということだ。観客から、他の人から見れば明らかなことが、不思議と本人たちにはわからない。 それは、きっと恋は盲目とかいうやつなのだろう。

だからこそ、周りからの支え、応援があって想いは成就する。人は一人で生きてないのだ。だから、恋の物語っていうのは、一面的な物語では閉じられないのだ。2人から好かれる人がいて、1人と成就する物語があれば、そうでない物語がもう一つある。それを描こうとすれば、群像劇にならざるを得ない。

この作品について

原作

この作品は、動画投稿サイトで人気に火がついた、クリエイター集団HoneyWorksの楽曲が原作だ。

だから、作品がまるでPVのように作られていたりする。テンポ良い音楽とともに映される映像は、それぞれのキャラクターたちの想いを鮮やかに描き出す。

劇中歌は本当に素晴らしかった。書き下ろし楽曲もあるようだし、早くサントラにまとめてほしい。買います。

作画、スタッフについて

以下は少しマニアックな感想

監督が柳沢テツヤ氏、キャラクターデザイン、総作画監督が藤井まき氏。ライブシーンなどにごとうじゅんじ氏などがいる。

柳沢氏は、ハイスクールDxDやダイダミラー、神無月の巫女の監督。藤井氏と柳沢氏はご夫婦で、柳沢氏の作品に藤井氏は総作監としてよく参加されている*2

ごとうじゅんじ氏は、School Daysのキャラクターデザイン、総作画監督として有名。

アニメ制作スタジオのクレジットは、Qualia Animationとなっているが、スタッフはみなティー・エヌ・ケイ(TNK)のメンバーばかりだ。別ブランドとして立ち上げたと考えて良いのだろうか?

作画そのものは非常に美麗だ。撮影も素晴らしく、常にキラキラしていて劇場のスクリーンに映える。が、引いたシーンでは、少し不安を覚えるカットがあった。短い時間のカットであったので、まぁ割り切りなのかな?とも感じる。

作画監督補佐名義の人がたくさんいたのは、ライブシーンなどで担当を割ったからか、それとも作画監督修正を人海戦術で入れまくったからか……少し気になる。

さいごに

すばらしく、直球の青春映画だ。最近見たのが、花とアリス殺人事件だったり、こころが叫びたがってるんだ。だったり、すこし青春映画としては癖があるものばりだったからか、逆に不意打ちであった。

ものすごい脇に汗かいた。

1時間と短い作品であるが、非常に濃密な作品。ぜひ、のたうち回りたくなるのを、声を押し殺して我慢する経験をしてほしい。

*1:わたし男だけど綾瀬恋雪くん養いたい。望月蒼太くんにやきもち焼かれたい

*2:ハイスクールDxDは、シーズンを追うごとに藤井氏→ごとうじゅんじ氏との連名→ごとうじゅんじ氏のみ、となっていた