読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立て直せ、人生。

人生行き当たりばったりなアラサーが、無事にアラフィフになれるように頑張らないブログ

ハードコア・アニヲタこそdアニメストアとamazonプライム・ビデオを契約しよう

スポンサーリンク

帰宅し、何気なく再生したクレヨンしんちゃんを観て、ぼくは驚いた。そしてぼくは誓う。しばらくアマゾンプライムとdアニメストアの契約継続を。

こいつを見てくれ。こいつをどう思う?

f:id:cho-zu:20160601004508j:plain

とっても、綺麗です……。

8/14 追記:Fire TV Stick でdアニメストアを観る方法

Fire TVでdアニメストアで観る方法については、次のエントリを作成をご参照下さい。

rebuild-life.hatenablog.jp

BD化されていない作品がHD解像度で配信!

Amazonプライムビデオでクレヨンしんちゃん

ブログに貼り付けている画像の関係で分かりづらいかもしれないが、とても解像感のある、綺麗な画像だ。この作品は、Amazonプライム会員向けに配信されている「映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」という作品。DVD化されているがBD化されていない作品だ。

これが、

f:id:cho-zu:20160601004507j:plain

こんなにも綺麗に観られるのは、amazonプライムビデオだけだ。

amazonプライム会員

ご存じの方も居ると思うが、映画クレヨンしんちゃんの過去作品はAmazonプライムビデオで全て配信中だ。これら全て、HD配信がされている。

dアニメストアでハチミツとクローバー

dアニメストアでも「BD化されていないのにHD配信されている」作品はあるようだ。私が気づいて喜んだのは、「ハチミツとクローバー」。2005年に制作されたこの作品は、アニメのデジタル制作化が一段落したのち、HD制作化が進んだデジタル放送黎明期の作品だ。

f:id:cho-zu:20160601004505j:plain

当時、放映はHDだが、販売はDVD……という逆転現象が発生していた。これを解決するために、制作会社であった「J.C.STAFF」が開発したのが通称「JCフィルター」「ハチクロフィルター」と呼ばれるふわっとした霞かかったフィルターだ。これにより、なんと、DVDとHD放送とで同じ画質で届けることが可能なのだ!

f:id:cho-zu:20160601004504j:plain

ってんなわけあるかい!とボクは突っ込んでしまうが、当時の制作陣の制作話とかを漁っていると割と本気だったよう。それでも、解像度高い綺麗な映像は、ソフトウェアでは販売されておらず、なかなかお目に掛かる機械はなかった。

それが。今は気軽に自宅に居ながらして苦労せずに手に入るって、これはもう幸せと言う以外になんて言えばいいのだろうか。

こんなとき、どんな顔していいのか分からないの……って言いたくなったが、Amazonプライムビデオのエヴァの配信は、SD画質配信だ。残念。

さいごに

作品の視聴環境に思うこと

ハードコアオタク、というか、編に面倒くさいオタク気質なので、ぼくはなるべく良い環境でアニメが観たいと考える。劇場版は特にそうだ。だから、古い映画のフィルムによる上映には目がない。例えば、クレヨンしんちゃんだったり攻殻機動隊だったり、東映の初期長編映画などは、オリジナル映像・オリジナル画質で観たいとすると、フィルム上映で観るしかなかった。

animestyle.jp

「アニメスタイル」という、少々マニアックなアニメ雑誌のイベントでは、フィルム上映にこだわっている。監督やアニメーターのトークショー付きで、なかなか競争率は高いのだが、BD化されていない映像作品もよく上映されるため、ぼくは毎月楽しみにしている。

そういうイベントでしか良い画質で観られなかった、「HD制作(フィルム制作)なのにBD化されていない作品」が、こういったVoDによって、広く色々な人に良い画質で配信されるようになるのが、もっと増えると嬉しいと思う。

Amazonプライム・ビデオに関しては、Fire TV Stickが良く出来ているので、利用がしやすい。ただ、Fire TV シリーズではdTVのアプリがリリースされたのに対し、dアニメストアのアプリがリリースされていない、という問題もある*1

Fire TV Stick

Fire TV Stick

映画クレヨンしんちゃんについて

クレヨンしんちゃんは、「四畳半神話大系」や「ピンポン THE ANIMATION」で有名な湯浅氏の作画的な見所があるし、脚本的にも良く出来たものが多いから是非みて欲しいと思う。 有名どころは、「オトナ帝国の逆襲」や「アッパレ!戦国大合戦」あたりだが、他にも古いものでは「ヘンダーランド」「暗黒タマタマ大追跡」あたりもお勧めできる。

また、最近のものでは「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」もよい。これは、グレンラガンの脚本家で、臼井儀人氏の担当編集でもあった中島かずき氏の脚本作品である。どこか懐かしいクレしんのリズムを感じる、良作だ。

また、今年の「ユメミワールド」も非常に出来が良かった。新作アニメが沢山放映される昨今であるが、凄く身近なところにも、良作アニメが転がっているよ、というのを知って貰えたら幸いである。

rebuild-life.hatenablog.jp

*1:一応、Android向けアプリを無理矢理インストールする方法もあるが、Bluetoothマウスを利用しないと操作に支障が出るなど、少々使い勝手に問題がある