読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立て直せ、人生。

人生行き当たりばったりなアラサーが、無事にアラフィフになれるように頑張らないブログ

分解されるデザインたち「デザインの解剖展」

アート イベント レビュー

スポンサーリンク

f:id:cho-zu:20161116014418j:plain

好きな牛乳パッケージが作れると話題の、「デザインの解剖展」に言ってきました。写真は、id:murashit の名言。

とりあえず、この展覧会のお勧めエントリーを書こうとして、躊躇ってしまう。なぜか。この展覧会では、普段見えないところまでをも細かく分解して見せてくれるのだ。

それはとってもエロティックで、ぼくは興奮してしまう。実際した。

さて、デザインの解剖とは何だろうか。展示の冒頭にはこう書いてある。

f:id:cho-zu:20161116020549j:plain

なんか、大層なことが書いてあるんだけど、凡人のぼくにはさっぱり分からん。

どういうことなのだろうと思って、ぐるりと見回すと、どきっとするものが置いてある。 どことなくキュートな頭蓋骨。なんだと思う?これね、リカちゃんの頭蓋骨。

f:id:cho-zu:20161116020751j:plain f:id:cho-zu:20161116020803j:plain

とりあえず、深く考えることはやめた。

展示内容について

展示では、3つの商品が事細かに解剖される。「きのこの山」「明治ブルガリアヨーグルト」「明治ミルクチョコレート」「明治エッセルスーパーカップ」「明治おいしい牛乳」。

これらを解剖する。解剖ってなんや。パッケージや原材料、工場での生産について、ありとあらゆるものを解剖してゆく。うん、言葉で説明するの難しい。

f:id:cho-zu:20161116021548j:plain

パッケージの写真からアレルギー表示、はたまた利用されている銀紙の原材料であるボーキサイトまで言及されていたりする。 というか、「ネタでやってんだろそれ」みたいなのが結構あって、シュールで笑ってしまう。

なんで突然ボーキサイトが展示されてるんだよ。

f:id:cho-zu:20161116021838j:plain

展示内容は凄い細かく、解説が超長文で書かれている。全部よめるような分量ではない。 ただ、一、二文で要約が書かれているのでそれを読み流して行くのがよいだろう。気になったら、長文のほうを読めば良い。

でかい展示が魅力的

大量に、製品を分解した結果が並んでいるんだけど、その合間合間にでかい展示がされている。 真っ二つに割れて断面が覗いているきのこの山だったり、レイヤーごとに分解されたパッケージだったり。

f:id:cho-zu:20161116022358j:plain

でかキノコの山は、大変な人気で、みんなここで記念撮影をしていた。しかし、個人的には、ちょっとグロテスクに感じてしまう。 ぼくはタケノコ党なので、たけのこの里だったら、この気持ちも多少は違ったのかも知れない。

f:id:cho-zu:20161116022538j:plain

個人的には、スーパーカップの断面のでかい展示がぐっときた。なんだか、普段やってはいけないことを堂々と、そしてその結果中のアイスをさらけ出すという、あられもない姿に、ぼくは興奮を禁じ得ない。

その旨を友人に伝えたら、ゴミをみるような目で見られた。

f:id:cho-zu:20161116022808j:plain

キノコ党の人は是非行って欲しい

ぼくはたけのこの里派。なので、大変冷めた気持ちで展示を眺めていたのだけど、キノコの里派の人は、大変興奮していたようだ。

なんか、ふよんふよんと動くでかいキノコの山が床に転がっているし、キノコの山がジオラマになって置いてあったりするし。パンフレットの真ん中で堂々としているのは、断面キノコの山だし。

f:id:cho-zu:20161116023520j:plain

f:id:cho-zu:20161116022607j:plain

タケノコの展示は一切なく、触れられたのはキノコ・タケノコ戦争についてのみ。 これは、どう考えてもキノコ党の一味が仕組んだ展覧会に違いないのである。

f:id:cho-zu:20161116024007j:plain

明治おいしい牛乳はパッケージが変わっている

個人的に印象に残った展示。これ、実はパッケージが変わっている。実は、コップの傾きがほんの少しだけ変わっているのだ。

f:id:cho-zu:20161116023919j:plain

わかるか!

でも、そういう些細なところまでにこだわりぬいて作られたパッケージが、ぼくらの日常に馴染み、「いつものデザイン」となるのだろう。

また、プロジェクションマッピングで、自分でパッケージの書体を変更できる展示も面白かった。ゴシック体から明朝体まで、ダイアルをつねって徐々に変更できるのだけど、ゴシック体にしたときのこの違和感、この「おいしくなさそう感」は異常だ。

f:id:cho-zu:20161116024519j:plain

遊び心満載の展示

盛況で混み合っていたのだけれど、大変に満足した展示だ。

カップル達が「たっくん牛乳」「みっち牛乳」とか作っているところに割り込んで、おっさんたちが変な牛乳パック作ってキャッキャ遊ぶのは、大変に楽しい経験であった。

f:id:cho-zu:20161116024657j:plain

アートだとかデザインとかっていうと、結構堅苦しかったりするイメージがある人も多いと思うけど、この展示は本当に遊び心に溢れていて、楽しい。是非是非、ちょっとでも興味をもった人が居たら、足を運んでみて欲しい。

展覧会情報

f:id:cho-zu:20161116015329j:plain

  • 会期 〜2017/01/22(日)
  • 会場 「21_21 DESIGN SIGHT」(東京ミッドタウン ガーデン内)
  • 最寄り駅 都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅 / 千代田線「乃木坂」(徒歩5分)
  • 定休日 火曜日(年末年始は、2016年12月27日 - 2017年1月3日が休館)
  • 料金 一般1,100円 大学生800円 高校生500円 中学生以下無料
  • 営業時間 10:00 - 19:00(入館時間は18:30まで)