読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立て直せ、人生。

人生行き当たりばったりなアラサーが、無事にアラフィフになれるように頑張らないブログ

レビュー

円城塔「シャッフル航法」の怖さと面白さ

だいたいにおいて、小説っていうのは「分かりやすく書け」って言われるもんだ。 そんな中、読者に歩み寄ろうと全速力で向かってきてくれているだろう円城塔だけれども、こっちは二次元軸で存在していたのに、あっちが三次元で走っているもんだから、すっとす…

「傷物語」が尖りすぎてて切れ味抜群

劇場で観た方が良いかと尋ねられたら、僕は即答するだろう。「迷っている暇があるならいけ」、と。

据わりの悪さ、後味の悪さがよい「居心地の悪い部屋」

タイトルは褒めてます。 岸本佐知子氏の編訳ということで、手に取ったこの作品。どんな作品かしら?と粗筋を説明しようったってそうはいかない、ストーリーなんてないものばかり。読み終えたあとの「居心地の悪い感」を追求したアンソロジーだからだ。 居心…

恋愛が絡むSFは面白い。「時の娘 ロマンティック時間SF傑作集」の感想

ぼくは、中短篇こそSFの華だと思ってる。 そんななかで、数少ないSFアンソロジー「時の娘 ロマンティックSF傑作集」は、 とても良いものだと思う。 時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫) 作者: R・F・ヤング他,ジャック・フィニイ,中村融 出版社/…

劇場版「紅殻のパンドラ」は良いテクノ音楽アニメ

細雨が降るなか、新宿へと紅殻のパンドラを観に行った。 短く纏めようとすると、ゼロ年代中ばを思い起こさせる、少し懐かしい感じのドタバタエロSFコメディ……なのかな。 12/5から2週間の限定上映、東京では角川シネマ新宿でのみ上映、あとは大阪と名古屋で1…